ランキング

タイ人は子供に甘い!日本では考えられない教育

投稿日:

 

タイ・バンコクでバスや電車に乗っていると、こんな場面をみて驚いた!

満員電車の中、ぼ〜っとしていると、座席に座っていた40代くらいの男性が席を立ち子供に座席を譲っていました。

それだけなら日本でもある光景かもしれませんが、声をかけた子供より近くにお年寄りがいたのに先に子供に声をかけたんです。

しかもお年寄りが子供に座席を譲る光景もよく見ます。

「タイでは子供に座席を譲るのが当たり前らしいです」

日本だと子供よりもお年寄り優先の感覚が強いため、とても不思議な光景でした。

 

子供のわがままは聞き入れる

やっぱり私は日本人だから日本の感覚で比較してしまいます。

今までそれは叱った方がいいだろう、と思ったタイ人に対して思った子供の教育は、

1、好きなものしか食べさせない

夜ごはん自分の食べたいのもがないとお菓子で済ませてしまい、親もそれをゆるしているのと、持ち込みの学校給食でもお菓子で済ませている子供が多い。

2、小さい時から多くお小遣いをもらっている

そのくらいな・・・と思うかもしれませんが、親が稼いでいる月給には見合わないお小遣いをあげていたりします。

貧富の差もありますが大人になってからも親のすねをかじる子供は多いです。

3、子供をしからない教育

お店や公共の場で子供が暴れたあり、悪さをしていても親はあまり怒りません。

4、親・おばあちゃん・おじいちゃんでさえも子供の言いなり

子供「疲れたから歩きたくない」

子供「お腹痛い、学校いかない」※仮病です

子供「マッサージして」

それにたいして大人達は「はいはい」と聞き入れちゃうんです!

もちろん中には厳しく育ててる親もいるかも知れませんが大体のタイ人の教育は甘めです。

厳しく育てられて、それが当たり前と思っている日本育ちの私にとってタイ人が子供に対する接し方は驚きとツッコミどころ満載でした(笑)

国によって環境や考え方が違うのだから否定するのも間違いと思いつつもどうしても自分の国と比較しちゃいます。

これがタイの子供に対しての教育なのだから私の価値観が正しいわけでもないしね、今でもタイ人の子供を見てはこの子はどんな大人になるのだろうと思う日々です。

 

 

 

 

 

ランキング

楽天ウェジット

AD

-タイ・サムイ島情報
-, , , , ,

Copyright© ビビリ夫と大胆妻の人生再スタートの旅 , 2018 All Rights Reserved.